スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ポチっとしてくれると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 OL日記ブログへ


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

発病当初から振り返って(2006/01~02) 

鬱病と診断されてからの私の経過2

☆発病当初2006/01~2006/02の頃:一番悪かったかも…☆

2006年1月10日連休明け 社会復帰へ

 会社の仕事始めは1月5日だったが、すぐ連休が来ることから連休明け
 に復帰することにした。
 医者からは「前の状態が100%なら今50%くらいになっていますか?」
 と聞かれた。
 「50%?????」バカな私にはよくわからなかった。
 普通に会社に行くだけなら50%になっているのかな?
 でも遊んで飲んでるときに比べりゃ30%のパワーも無いよ、と。
 でも目的は会社、これ以上休めないしと思い復帰した。

 しかし、2日も行ったらぐったり。次の日から起きれない。

 何とかしようと思ったが、体がまたしても言うことを聞いてくれなかった。
 医者に言うと「無理しないでもう少し休みましょう」と。
 そして2ヶ月の休暇となった。3月から復帰予定に延期。
 
 結局年明け2日出勤しただけで寝込むこととなった。
 ただひたすら寝ていた。そして案の定、突如として泣き出していた。
 訳も無くず~~っと。
 そしてテレビもバラエティみたいな明るいものは見れなくなった。
 何で笑ってるの?私には笑えない…。
 無表情か泣くことしかできなくなっていた。

 寝てばかりいるから勿論体力も落ちていった。
 病院は10分くらい歩いたところにあったが、20分は掛かっていた。
 歩くのがふらふら、一歩一歩進むのがやっとだった。
 どうしてもダメなときは近いのにタクシーに乗って帰っていた。

 睡眠障害も酷くなっていった。寝付けない、途中覚醒早朝覚醒
 睡眠薬もどんどんと変わり、増えていった。

 味覚も麻痺し、何を食べているかよくわからなかった。
 食欲も寝ているせいでなく痩せていった。
 (2~3kgは減った。その後も減っていった。)
 
 その頃微熱もずっと続き、頭痛もあり家のトイレすら遠く感じていた。
 精神状態も訳わからないなら、頭痛が凄くてうつっぷせたまま。
 先生に何度も何とかならないか、と訴えたが様子を見ましょうのまま
 抗薬だけが増えていった。
 私の体重ではここまでという量まで増えていった。
 (ちなみに私の体重は40kgありません。小柄なので…)
 頭痛に関してはロキソニン(鎮痛剤)ではどうにもならなかった。
 
 後で(6月)、内科兼ペインクリニックの産業医に聞いたら私の頭痛
 はロキソニンは効かないとわかった。
 半年以上も効かない薬を飲まされていた(-_-;)

 2月も中旬になろうという頃には何とか少し動けた。
 (でも今考えるとのろのろ過ぎ)
 3月から会社に行かなければ。有給ももう無いし。
 休む罪悪感と経済的なことばかり考えていた。
 先生には「3月も休んだ方がいいとは思うが…行けないこともない」
 と言われ条件付で3月からの復帰をすることとなった。
 一日は無理なので半日出勤ということが条件。
 (午前は動けないから午後出勤)
 しかも頭を使う仕事はしてはいけない。
 (↑開発しているんだけど…何するの?って感じ)
 
 今思えば、無理な復帰をしてしまった。
 後に病院を変えるが復帰が早すぎと指摘された。
 
 1月~2月は12月よりさらにひどい状態の生活を送っていた。
 
   

↓ポチっとしてくれると励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 OL日記ブログへ


[ 2006/01/01 13:23 ] 発病当初から振り返って | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://utupon.blog84.fc2.com/tb.php/97-96ab6e6b









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。